組み立て・使用方法

耳鼻科の先生が行っている吸引方法

耳鼻科の先生が行っている吸引方法

吸引は、左右交互に短時間ずつ繰り返して行うと安全に鼻水をきれいに取り去ることが出来ます。
例えば、

右の鼻を5秒

左の鼻を5秒

右の鼻を5秒

左の鼻を5秒

・・・と、鼻水が出てこなくなるまで繰り返します。

左右交互に、短い時間ずつ繰り返し吸引してあげる方法は、全国の耳鼻科でも行われている方法です。

左右交互に、短い時間、繰り返し吸引してあげましょう。

吸引には5分もかからないと思います。

片鼻30秒以上吸引するなど、長時間吸引するのは危険です。
長時間かけるのではなく、一日にこまめに何度も吸引してあげると、早くスッキリします。

point1
何度もこまめに吸引してあげましょう。鼻炎ドットコムスタッフが子供を吸引する時は、多い時で1日7回くらい吸引しています。
point2
中々出てこない粘着性の鼻水の時は、温タオルで温めてから吸引したり、お風呂上がりに吸引すると出てきやすいです。
point3
鼻の構造は個人差があります。個々の吸引しやすい場所をみつけると、楽に、短い時間で吸引できるようになります。

補足

ご兄弟など、何人ものお子さんを吸引する時は、一度電源をオフにし、先端部分を消毒し再度吸引ください。
人数分の先端部分(オリーブ管)を用意されるのもオススメです。

吸引圧の調節方法

アスピレーターM20本体に付いたダイヤルで、圧の調整が出来ます。

ダイヤルを右に回しきった状態で、先端のオリーブ管を手でふさぐと圧があがります。
最大圧でメモリ70~80kpaまであがりますので、お好みの吸引圧で使用してください。
通常ご使用の場合は、40kpa前後を目安にご使用ください。

最大圧で長時間吸引すると、耳に負担がかかり危険なのでご注意ください。

吸引圧の調節についてよくいただくご質問

圧が上がらないのですか、どうしてでしょう?
鼻腔内に取る鼻水がない時は、鼻にオリーブ管を入れても圧が下がっていきます。
鼻が詰まっている感じはあるのに、鼻水が取れない時は下記2点の可能性があります。
・鼻の粘膜が腫れて鼻が詰まっている
・副鼻腔に鼻水が入っている(副鼻腔炎)
この場合、アスピレーターM20を使った、鼻洗浄がオススメです。

その他のご質問に関しては「よくいただくご質問」もご覧下さい。

よくいただくご質問

組み立ては簡単、5分で完了

組み立て・使用方法

このページでは、アスピレーターM20の組み立て・使用方法をご紹介します。

目次
組み立ては簡単、5分で完了
吸引圧の調節方法
赤ちゃん・お子さん・大人の方へ年齢別オススメ使用方法
故障しないために、これだけはお気をつけ下さい

電動鼻水吸引器アスピレーターM20は、機械が苦手な方でもがお手元に届いて5分で組み立てられます。
鼻水吸引・鼻洗浄に必要な物は全て入っているので、届いてすぐに吸引も鼻洗浄も出来ます。

付属のマニュアルが無くても組み立てられるくらい簡単で、3本のチューブをつなぐだけで使えます。
アスピレーターM20のパーツ組み立て方法をご案内します。

【アスピレーターM20 付属品内容】
本体 1体
チューブL 1本
チューブS 1本
ガラスオリーブ管 
鼻洗浄容器 1個
鼻吸引マニュアル・鼻洗浄マニュアル

組み立ては簡単、5分で完了

オリーブ管とチューブS・L、そして本体を用意します。

本体が届いたら取り出してパーツをご確認ください。

チューブSを本体につなぎましょう

抜けないようにしっかり差し込んで下さい。

もう一方をボトルの「TO UNIT」の部分に差し込みましょう

右側の写真がつなぎ場所になります。

チューブとオリーブ管をつなぎましょう。

ねじ部分が目無くなるまでしっかりと差し込んで下さい。

チューブの先をボトルの「TO PATIENT」の部分に差し込みましょう。

つなぐのはココ

これで完成となります。

アスピレーターM20は機械が苦手な方でも、楽々操作できます。
3本のチューブをつなげたら、早速使ってみましょう!

通常のお手入れ方法はこちら

年齢別オススメ使用法

赤ちゃんへの使用方法

赤ちゃんは、横になって吸引した方が鼻水を吸い取りやすいので、寝かせて吸引します。
枕などを使って、頭が上向きになるようお子さんを寝かせます。

吸引する時、頭が動くとしっかり吸引できないので、頭を抑えて固定してあげると早く、スムーズに吸引できます。

お子さんへの使用方法

お子さんは、赤ちゃんと同じように寝かせて吸引してもいいし、座って吸引してもいいです。
慣れてくると、自分で吸引するお子さんも多いので、お子さんに任せるのもオススメです。

大人の方への使用方法

大人の方の場合は、座るか横になって吸引します。

慣れるとご自身で吸引し鼻洗浄もできますが、慣れるまでは、どなたかにやってもらったほうが良いです。

大人の方の症状には、アスピレーターM20を使った鼻洗浄がオススメです。
詳しくは「お子さんでもできる鼻洗浄」をご覧下さい。

お子さんでもできる鼻洗浄

故障しないために、これだけはお気をつけ下さい

鼻炎ドットコムでは、アスピレーターM20に独自の3年間無料補償をお付けしています。
ただ、下記の場合は、補償内で修理することが出来ませんのでお気をつけてご使用ください。

1. オーバーフロー
吸引ボトルに溜まった汚物がボトル上部まで溜まると、チューブを通して、アスピレーターM20本体部分にお水が入ってしまい、機械が故障してしまいます。
この場合は、保証期間内でも有償の修理となりますのでお気をつけ下さい。
ボトルに溜まった汚物は、衛生面からも、その都度捨てていただくか、一日の終わりに捨てていただくことをオススメします。
2. お取り扱いが適当でない場合の故障。
取扱説明書にしたがってお使いください。
3. 火災、天災地変により生じた故障。または当社以外で修理、改造された場合。
鼻炎ドットコム独自の3年保証・アフターケアについて詳しくはこちら

症状別使用方法

症状別使用方法

このページでは、一般的にかかりやすい代表的な耳鼻の症状と、症状別アスピレーターM20の使用方法をご紹介します。

目次
中耳炎
鼻づまり
副鼻腔炎(蓄膿症)
鼻炎・アレルギー性鼻炎・花粉症・血管運動性鼻炎
後鼻漏(鼻水が喉に落ちる症状)

中耳炎

中耳炎とは中耳に起こる炎症の総称です。

中耳は耳と鼻をつなぐ耳管によってつながれているので、鼻や喉が感染すると、耳管を通じて耳も感染してしまうことがあります。何らかの原因で、耳まで感染し、炎症を起こしているのが中耳炎です。

痛みを伴う場合と痛みを伴わない場合があり、細菌感染が原因の場合とウィルス感染が原因の場合など、感染経路も様々です。

中耳炎の主な症状

・耳が痛い
・音が聞こえにくい
・頭痛

などです。
子供の場合、どこが痛いのか説明出来ないので、機嫌の悪さが主な症状になることもあります。

テレビの音量調節ができる年齢で、不必要に音を大きくしたがる場合や、耳だれが出る時も、中耳炎を起こしている可能性があります。

代表的な中耳炎

急性中耳炎
鼻の細菌が耳管を通って中耳に移行し、膿汁(のうじゅう)が中耳にたまります。
小児に多発する中耳炎です。
理由は、この年齢の耳管(じかん)は太く直線的なので、鼻や喉の細菌が中耳に行ってしまうためといわれています。
中耳に膿汁がたまると 発熱とともに鼓膜を内側から圧迫するため、激しい耳痛(じつう)が生じます。
滲出性中耳炎 (しんしゅつせいちゅうじえん)
「滲出(=滲み出す・しみだす)」という言葉の通り、中耳に水が溜まった状態の中耳炎です。
鼻水がいっぱいで、耳管から空気の通りが悪くなることなど、何らかの理由で耳管の通りが悪くなることで起こります。
滲出性中耳炎は、耳の聞こえが悪いといった自覚症状が出ます。
長くほおっておくと、真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)の誘因になるという考えもあります。
真珠腫性中耳炎 (しんじゅしゅせいちゅうじえん)
慢性中耳炎の状態が続き、鼓膜の外耳側の上皮が、中耳に入ってしまって起こるのが、真珠腫性中耳炎です。
中耳だけでなく、内耳まで影響することがある、難治性の慢性中耳炎です。

中耳炎へのアスピレーターM20の使用方法

中耳炎の予防方法は、鼻水を溜めずに、こまめにかんだり吸い取ってあげることです。

吸引してあげるだけで中耳炎にかかりにくくなるので、アスピレーターM20を使って頻繁に吸引してあげてください。
また、中耳炎にかかっている場合、鼻洗浄はお勧め出来ません。

鼻づまり

鼻づまりの原因となるのは、感染症、鼻炎、鼻中湾曲症などの鼻の構造的な問題、ポリープ、薬剤性など様々ですが、まだ小さな子供の場合、鼻水が上手にかめないことが原因の場合が多いです。

特に、赤ちゃんは大人よりも鼻水の分泌が盛んで、鼻を自分でかめないので、鼻づまりを起こしやすいです。

対処法としては、親が直接口で吸って出してあげる方法や口で吸うタイプの鼻水吸引器で吸ってあげる方法、電動の吸引器で吸ってあげる方法があります。

親が口で吸ってあげる方法は、口の中の雑菌が鼻に入ってしまう危険性があります。
口で吸うタイプの鼻水吸引器で吸ってあげる方法は、吸ってあげる人も一緒に感染してしまう危険性がありますので、電動吸引器のような、衛生面でも安心な吸引器を使われることをお勧めします。

鼻づまりへのアスピレーターM20の使用方法

赤ちゃんやお子さんの鼻づまりは、頻繁に吸引してあげることですっきりすることが多いです。
特に、お風呂上がりの吸引は、鼻水が出てきやすいのでお勧めです。

大人の方の鼻づまりには、重曹食塩水で行うアスピレーターM20を使った鼻洗浄がオススメです。
重曹には抗炎症作用も、抗菌作用もあるので重曹食塩水を使った鼻洗浄をオススメします。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄について、詳しくは「お子さんでもできる鼻洗浄」をご覧下さい。

お子さんでもできる鼻洗浄

副鼻腔炎(蓄膿症)

感染やアレルギーが原因で、鼻の粘膜が腫れ、鼻の周囲にある副鼻腔という空間に粘液が溜まり、炎症を起こした状態で、痛みを伴う場合も多いです。

鼻中隔弯曲症(鼻の骨のゆがみ)がある人は、鼻の構造上、副鼻腔炎を起こしやすくなります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の主な症状

・頭痛
・顔が痛い
・顔が重い

などです。

子供の場合、頭痛を訴えるので調べて見ると、副鼻腔炎になっていることも多いです。
また、上の歯にできた虫歯から感染し、慢性副鼻腔炎を引き起こすことがあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の予防方法

炎症をしずめてあげるのと同時に、鼻腔内をきれいな状態で保つことで、副鼻腔に溜まった粘液も排出されやすくなります。

副鼻腔炎(蓄膿症)へのアスピレーターM20の使用方法

副鼻腔炎には、重曹食塩水で行うアスピレーターM20を使った鼻洗浄がオススメです。
重曹には、抗炎症作用も、抗菌作用もあるので、重曹食塩水を使った鼻洗浄をオススメします。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄について、詳しくは「お子さんでもできる鼻洗浄」をご覧下さい。

お子さんでもできる鼻洗浄

鼻炎・アレルギー性鼻炎・花粉症・血管運動性鼻炎

鼻炎とは、風邪ではないのにくしゃみや鼻水、鼻づまり等の症状が起きることです。

アレルギーの原因物質(ダニ、埃など)が原因の場合は、アレルギー性鼻炎。
花粉が原因の場合は花粉症と呼ばれます。

血管運動性鼻炎は、朝晩の気温差やストレスなど、わずかな刺激にも過敏に鼻の粘膜が反応して、鼻づまり、鼻水、くしゃみが続くことがあります。原因は明らかになっていません。

全ての鼻炎は、杉花粉やダニ、その方特有刺激物質などの反応する物質が体に入ると、体は排除しようとしてヒスタミンなどの伝達物質を出します。この時に出るヒスタミンによって鼻粘膜の知覚神経が刺激されてくしゃみが出ます。

このように、鼻粘膜が炎症を起こし、くしゃみや鼻水となるのが、鼻炎の原因です。

鼻炎へのアスピレーターM20の使用方法

鼻腔内から反応する物質を排除することですっきりするので、鼻炎には、重曹食塩水で行うアスピレーターM20を使った鼻洗浄がオススメです。
重曹には抗炎症作用も、抗菌作用もあるので、重曹食塩水を使った鼻洗浄をオススメします。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄について、詳しくは「お子さんでもできる鼻洗浄」をご覧下さい。

お子さんでもできる鼻洗浄

後鼻漏(鼻水が喉に落ちる症状)

後鼻漏(こうびろう)とは、鼻水が外ではなく喉に流れてくる症状を言います。
喉に流れた鼻水が原因で、咳が出たり、夜、眠れなくなることもあります。

原因となる鼻水を解消することが一番の治療法です。

後鼻漏へのアスピレーターM20の使用方法

後鼻漏には、重曹食塩水で行う、アスピレーターM20を使った鼻洗浄がオススメです。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄は、重曹食塩水が、片方の鼻からもう一方の鼻にぐるっと回るので、奥に溜まった鼻もすっきり取れます。そのため、鼻水が喉に落ちにくくなります。

重曹には抗炎症作用も、抗菌作用もあるので、重曹食塩水を使った鼻洗浄をオススメします。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄について、詳しくは「お子さんでもできる鼻洗浄」をご覧下さい。

お子さんでもできる鼻洗浄

お子さんでもできる鼻洗浄

お子さんでもできる鼻洗浄

大人の方の頑固な鼻づまりには、アスピレーターM20を使った鼻洗浄がお勧めです。
また、アスピレーターM20を使った鼻洗浄なら、電動の吸引機を使うことで耳に水が入ってしまうことも回避できるので、お子さんでもできます。

※中耳炎の方や乳幼児は安全のため鼻洗浄はお避けください。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄方法

1. 鼻洗浄に使う、温めた重曹食塩水を用意します

温度:体温より少し温かめの37~38度
重曹食塩水:食塩5g 重曹2.5g 水500mlを混ぜて作ってください。

鼻洗浄する際は、温めた食塩水をお使いになることをお勧めします。
温度、濃度を体液に近い状態にすることで、痛くない鼻洗浄が出来ます。

重曹には抗炎症作用、抗菌作用があります。
鼻洗浄に使う重曹は食品レベルの重曹(※)を使ってお作りください。

また、鼻炎ドットコムでは、水に混ぜるだけで体液と同じ食塩水が作れる「サーレ」も販売しています

サーレ販売はこちら

※重曹には、食品添加物の重曹と工業用の重曹があります。
 鼻洗浄用の重曹食塩水を作る時は、食品添加物の重曹を使ってください。

2. アスピレーターM20を使って鼻水を取りきります

スムーズに鼻洗浄するため、最初にアスピレーターM20を使って鼻腔内をきれいにしておきます。
鼻洗浄する前に、吸引だけで取れる鼻水を全て取りきって下さい。

3. 重曹食塩水を入れて鼻洗浄します

片鼻(例:右鼻)から重曹食塩水を入れて、もう片方の鼻(例:左鼻)から、アスピレーターM20を使って重曹食塩水を吸い取ります。片鼻ずつ交互に鼻洗浄して、すっきりしたら終了です。

最初は、片鼻からもう片方の鼻へ重曹食塩水が流れてくるポイントをつかみにくいですが、個々の鼻の構造によって鼻洗浄しやすいポイントがあるので、先端部分のオリーブ管を色々な角度で挿入し、ポイントをみつけてください。
鼻洗浄がしやすいポイントを見つけると、楽に鼻洗浄出来るようになります。

注)重曹食塩水は最初、ゆっくり出してください。

重曹には抗炎症作用があるので、粘膜が腫れて鼻づまりになっている時にも良いですし、抗菌作用もあるので、細菌が原因で鼻水が出ている時にもオススメの方法です。

アスピレーターM20を使った鼻洗浄は、片鼻から、もう片方の鼻へ、電動の吸引力を使って重曹食塩水を流すので、鼻腔内がかなりスッキリします。
電動の力で片方の鼻からもう片方の鼻に重曹食塩水が入り、吸い取るので、手動の鼻洗浄器で洗うよりもかなりスッキリします。

お電話でのお問い合わせは

  • 0120-979-182
  • 携帯・PHS可 10~16時受付(土日祝休)

鼻炎ドットコムでは、スタッフ全員が、アスピレーターM20を使って鼻洗浄をしたことがあります。
もしご不明な点などありましたら、どうぞお電話にてお問い合せください。

いつでもお電話ください。
スタッフ全員がアスピレーターM20の愛用者です!

耳鼻科医も推奨の鼻洗浄

鼻腔・副鼻腔・鼻咽腔(上咽頭)は、肺炎球菌やインフルエンザ菌をはじめとする呼吸器感染症起炎病原菌のキャリアフォーカスであり、清潔を保持し、換気をよくしておくことが呼吸器感染症の予防と治療には不可欠である。

また急性中耳炎は呼吸器感染症に続発して上咽頭から経耳管性に感染が波及するため、中耳炎治療の成否も鼻所見の改善にかかっている。

鼻のかめない乳幼児では鼻処置は大切な治療である。
耳鼻咽喉科外来受診時には鼻ネプライザーや鼻汁吸引が行われるが、一回の処置では不十分なので私達は乳幼児に対して食塩重曹水による簡易鼻洗浄を家庭で行うよう指導している。
食塩重曹水を体温程度に温め鼻内にスプレーし。その後鼻汁吸引機で吸引するか鼻をかませる。

家庭で1日数回行う。
呼吸器感染症も中耳炎も適応とし必要に応じて抗菌薬や対症薬も併用している。

私達が抗菌薬を使用せずに2週間の鼻洗浄を行った症例では、自覚症状(鼻汁・鼻閉・咳・喘鳴・夜間睡眠障害)が約70%消失し他覚所見として鼻汁の性状・後鼻漏も55~70%で改善した。
上咽頭からの分離菌は肺炎球菌の80%、インフルエンザ菌の60%が減少または消失し、常在菌と置換していた。

鼻洗浄は上咽頭の病原菌を減らす「理学的除菌」の一法として、また生体が本来備えている粘膜修復能力や抗菌作用を回復させる一助として有用であることが確認された。

症状が改善し鼻洗浄を中止しても、再度かぜ症状が出現すると自発的に再開する保護者が多い。
家族が治療に積極的に参加し、鼻汁の性状や増減にも関心を寄せるようになった。

「諸悪の根源、鼻にあり」を合言葉に家族の理解と協力を得ている。

鼻炎ドットコムの考え方

「鼻洗浄=痛い、怖い」と言う印象をお持ちの方が多いと思いますが、鼻洗浄に使う液体を、体温程度の温度に温め、体液と同じ食塩濃度にすることで、痛くなく鼻洗浄が出来ます。

耳鼻の症状に対して、よく抗生物質が処方されますが、抗生物質は、細菌を減菌するお薬でウィルスには効きません。

安易に抗生物質を使うと、体に良い働きをする常在菌も殺すことになりますし、悪さをしている細菌が抗生物質の効かない耐性菌だったらいくら飲んでいても症状は良くなりません。

鼻洗浄・鼻洗いは、すぐにすっきりして、かつ副作用の無い方法ですのでオススメです。

※鼻洗浄・鼻洗いはご自身の判断でお願いします。

海外でもお使いいただけます!

海外でもお使いいただけます

アスピレーターM20は海外でもお使い頂けます!

アスピレーターM20は日本仕様(100V)に作られたものですが、変圧器をお使いいただければ海外でもお使い頂けます。
変圧器は、ドライヤーなどに使用する変圧器をご使用ください。
変圧器は空港でも購入出来ますし、Amazonなどのインターネットショップからの購入も可能です。

※変圧器を使うことで、アスピレーターM20を220V以上の国でご利用いただくことは可能ですが、日本仕様の100Vで作られていますので、残念ながら、220V以上の国でのご利用を推奨はしておりません。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

各国の電圧表

電圧国名
110V台湾 アメリカ カナダ メキシコ キューバ ジャマイカ
パナマ プエルトリコ パラオ レバノン
110Vもしくは220V韓国 フィリピン ブラジル
220V以上上記以外の国

海外発送に関して

海外発送に関しては、日本郵便の海外発送サービス「EMS」でお届けします。

付属品を含めると3.8kgになるので、4.5kgのEMS送料実費をいただきます。
詳しくは郵便局ホームページの「EMS料金・日数を調べる」をご覧下さい(外部サイトに移動します)。

故障かな?と思ったら

故障かなと思ったら

故障かと思ったときに確認して下さい

1. 電源スイッチを入れても作動しない

・コンセントに電源が来ていますか?
・アスピレーターM20の電源コードは確実に差し込まれていますか?

2. 本体は動いているが、吸引しない

・吸引ボトルの蓋は、確実に閉まっていますか?
・吸引ボトル内のパッキン(Oリング)は付いていますか?
 パッキンが外れてたり、一部ねじれていたりすると吸引圧が上がりません。
・シリコンチューブの接続は合っていますか?
・シリコンチューブは確実に接続されていますか?

3. 長時間吸引していませんか?

・長時間吸引しましたか?
20分以上続けて吸引するなどすると、セーフティサーモスィッチが自動的に作動し、自動的に電源が切れることもあります。
電源をオフにして、しばらく置いてから、再度使ってみてください。

4. 吸引ボトルの上部まで、汚物が溜まっていませんか?

ボトル上部まで液体が溜まると、動かなくなり修理が必要です。
この場合、「お取扱いが適当でないため生じた故障」となり、有償の修理となりますので、ボトルの汚物は、こまめに処分して頂くことをオススメします。

鼻炎ドットコムでは、アスピレーターM20に、独自の3年間無料保証をお付けしています。
万一の際も、3年間、無料で修理いたします!

※ただし以下の場合、無償修理期間内でも有償修理となります。予めご了承ください。

  • 1. お取扱いが適当でないため生じた故障。
  • 2. 火災・天災地変により生じた故障。
  • 3. 当社以外で修理または改造された部分の故障。またはこれに起因するほかの部分の故障。
  • 4. 本体以外の消耗部品の故障。

修理のご依頼は、お電話・メールにてご連絡ください。
まず、修理期間中にお使いいただける、代替アスピレーターM20(無料)をお送りします。

お電話での修理ご依頼は0120-979-182携帯・PHS可10~16時受付(土日祝休)いつでもお電話ください。
スタッフ全員がアスピレーターM20の愛用者です!

サイドナビ上部

  • 耳鼻科の先生が行っている吸引方法
  • 0ヶ月の赤ちゃんから大人の方までご使用いただけます
  • 鼻水吸引器の選び方
  • お客様の喜びの声
  • メディア掲載履歴
  • よく頂くご質問
  • M20ご購入者様限定キャンペーン

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日(土日祝日)

※土日曜日、祝日は定休日です。

【お試し2週間レンタルに関して】
■レンタル開始日:毎週日曜までにお届け
■集荷・返却日:14日後の日曜(もしくはそれ以前でご指定の日)返却日は、ご指定の時間帯に、ヤマト運輸が集荷に伺います。

サイドナビ下部

スタッフ全員が愛用者です!

私達が責任を持ってお届けします。スタッフ全員が愛用者なので、分からないことがございましたらいつでもご連絡ください。

スタッフ紹介で詳しく見てみる


ページトップへ