お役立ちコンテンツ

鼻水吸引機の選び方

鼻水吸引機の選び方

鼻水吸引器は、

・口で吸うタイプの吸引器
・電池式吸引器
・電源型電動鼻水吸引機、

と様々なタイプがあります。
それぞれの吸引器を実際に使用してみて、タイプ別に、メリット・デメリットを比べてみました。

目次
口で吸うタイプと電動鼻水吸引機の違い
電池式と電源型の違い
電源型電動鼻水吸引機のよくある誤解
他の電源型電動鼻水吸引機とアスピレーターM20の違い

口で吸うタイプと電動鼻水吸引機の違い

  • 口で吸う鼻水吸引器
  • アスピレーターM20のような電動鼻水吸引機

お近くの薬局でも手に入るママが口で吸引してあげるタイプと、アスピレーターM20のような電動の鼻水吸引機の違いをご紹介します。

口で吸う鼻水吸引器の大きなメリットは
1. 安い
2. 小さいので持ち運びや保管が楽

という2点です。

では、口で吸う鼻水吸引器の大きなデメリット4点はどんなところでしょう?

大きなデメリットは
1. 人の口で吸ってあげるので、吸引圧が極端に弱い
2. 奥の鼻水は取れない
3. 吸っている方まで感染する危険性がある
4. 消毒しにくい形の物が多く、不衛生

という4点です。

鼻炎.com代表 石井の意見

口で吸うタイプは、吸ってあげているママも感染してしまう危険性があるので、オススメできません。
また、口で吸う鼻水吸引器を使うなら、昔ながらの方法で、お母さんが赤ちゃんの鼻水を直接口で吸ってあげる方が、効果的だと思います。

電池式と電源型の違い

  • 電池式鼻水吸引器
  • アスピレーターM20のような電動鼻水吸引機

1万円以下で手に入る電池を入れて使う鼻水吸引器と、アスピレーターM20のような電源型電動鼻水吸引機の違いをご紹介します。

電池式鼻水吸引機の大きなメリット2点は、口で吸うタイプの鼻水吸引器と同じで
1. 比較的安い
2. 小さいので持ち運びや保管が楽

という2点です。

デメリットも似ていて
1. 吸引圧が弱い
2. 奥の鼻水は取れない
3. 大人には使えない

の3点です。

鼻炎.com代表 石井の意見

電池式鼻水吸引器は、口で吸うタイプよりは感染の危険性がないので良いと思います。
また、赤ちゃんが風邪にかかった時などの、さらさらした出てきやすい鼻水に使うのは良いと思います。
ただ、黄色っぽくなった、粘着性の鼻水や奥に溜まった鼻水は、吸い出せません。
よくネバネバした鼻水が出る赤ちゃんには、アスピレーターM20のような電源式の電動吸引器の方がオススメです。

電源型電動鼻水吸引機のよくある誤解

  • 1. 安すぎる吸引機には、理由があります。
  • 2. 「吸引圧」=「吸引力」ではありません。「排気流量」という言葉が、吸引力の強さを表します。
  • 3. 吸引力が弱い鼻水吸引機では、購入する意味がありません。
  • 4. コンパクトすぎる吸引機はよくありません。
  • 5. 複雑な形の吸引機は、不衛生です。

1. 安すぎる吸引機には、理由があります。

あまり知られていませんが、低価格で「日本製」と記載された電動吸引機は、実は中身は全て中国製、ということも多いです。
部品が全て中国製でも、最終的な組み立てを日本で行えば日本製と記載できるのです。

アスピレーターM20は、丈夫な作りと吸引圧の強さを実現するため、他の電動吸引機に比べ価格的には高価ですが、ご利用者様からは

「使用後3~4年して症状が改善したけど、壊れないので、親戚にあげたり、友人に貸したり出来ました!」
「病院に行く回数が減って1ヶ月もしないで元がとれました!」
「最初、2万円台の鼻水吸引機を購入しましたが全然ダメで、アスピレーターM20を購入しなおしました。最初から、アスピレーターM20を購入すれば良かったです」

などのお声をいただいています。

2. 「吸引圧」=「吸引力」ではありません。

電動吸引機の販売ページを見ても、「吸引圧」と言う表示は見つかっても「吸引力」という表示は見つかりません。
「吸引圧」は、電池型電動鼻水吸引機なら、50HPa(ヘクトパスカル)。
アスピレーターM20のような電源型電動鼻水吸引機なら、80HPa(ヘクトパスカル)、と、同じ数値です。

では、何をみれば吸引力が分かるのでしょうか?

実は、「吸引圧」ではなく「排気流量と言う言葉が吸引力をあらわします

電動鼻水吸引器「アスピレーターM20」の流量は15L/分です。
これは、1分間に15リットルの空気を吸うことが出来る、と言う意味になります。

1分間単位の表示なので、 15L/分、14L/分、13L/分、など、少しの差でも吸引力は大きく変わります。

例)13L/分と、15L/分では、
・13L=15Lの物に比べて吸引力が弱い
・15L= 13Lの物に比べて吸引力が強い
という吸引力を現す表記になります。

アスピレーターM20は、他の電動鼻水吸引機と比べても、吸引力の強い電動吸引機です。

比較表アスピレーターM20O社
電動吸引機MP
S社
電動吸引機PS
電池型
吸引機BS
電池式
吸引機S
機器
吸引圧
(毎分流量)
15 / L13 / L13 / L測定不可能測定不可能

※吸引力をチェックする時は排気流量を確認しましょう

3. 吸引力が弱い鼻水吸引機では、購入する意味がありません

電動吸引機を購入する時は、吸引力をきちんと調べることが大切です。
電源型電動鼻水吸引機の吸引力は、使用時に弱くも強くも調整出来るので、購入するなら、吸引力が出来るだけ強い吸引機が良いです。

吸引力が弱いと、例えば奥のほうなど、充分に鼻水を吸ってくれません。
対して、吸引力が強いと、大人の方の頑固な鼻づまりにも使えます。

また、音がしない、静音モード様式や省エネモードの吸引機は、吸引力が弱いので、結果、吸引時間が長くかかります

音は大きくても、吸引力が強く早くスッキリする吸引機がオススメです。

4. コンパクトすぎる吸引機はよくありません

充分な吸引力を出せるモーターを搭載するには、ある程度の大きさが必要です。
また、コンパクト過ぎると、中に熱がこもり故障の原因となります

長く使いたいなら、コンパクトすぎる吸引機はオススメ出来ません。

5. 複雑な形の吸引機は、不衛生です

電動鼻水吸引機は、鼻水を吸う機械なので、清潔な状態を保てることが大切です。
アスピレーターM20は、四角いので拭きやすく、お手入れが簡単です。

複雑な形をしたものは、衛生面の管理も大変ですし、お部屋の雰囲気もこわします。
吸引機は、シンプルな構造のものを選ぶのがオススメです。

他の電源型電動鼻水吸引機とアスピレーターM20の違い

  • 他の電源型電動の鼻水吸引機
  • アスピレーターM20

他の電源型電動鼻水吸引機と、アスピレーターM20の違いをご紹介します。

他の電動吸引器と比べたアスピレーターM20のデメリットは1点、
1. 比較的高価
という点です。

対して、他吸引機と比べて優れている点は、
1. 吸引圧が強い
2. 鼻炎.comなら、レンタル出来るので、安心して使える
3. お手入れラクラク!部屋に置いても気にならないシンプルなデザイン
4. 吸引だけでなく、鼻洗浄も痰の吸引も出来る
5. 丈夫なので、使わなくなったあとも、貸したりあげたりできる

といった点です。

鼻炎.comのお客さまからは、

「最初、2万円台の鼻水吸引器を購入しましたが全然ダメで、アスピレーターM20を購入しなおしました。最初から、アスピレーターM20を購入すれば良かったです」
「頻繁に吸引することで、子供が中耳炎にかかり難くなったけど、まだまだ使えるので今後は万が一の介護の時のため、大切に取っておきます」

などのお声もいただいています。

サイドナビ上部

  • 耳鼻科の先生が行っている吸引方法
  • 0ヶ月の赤ちゃんから大人の方までご使用いただけます
  • 鼻水吸引器の選び方
  • メディア掲載履歴
  • お客様の喜びの声
  • よく頂くご質問

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日(土日祝日)

※土日曜日、祝日は定休日です。

【お試し2週間レンタルに関して】
■レンタル開始日:毎週日曜までにお届け
■集荷・返却日:14日後の日曜(もしくはそれ以前でご指定の日)返却日は、ご指定の時間帯に、ヤマト運輸が集荷に伺います。

サイドナビ下部

スタッフ全員が愛用者です!

私達が責任を持ってお届けします。スタッフ全員が愛用者なので、分からないことがございましたらいつでもご連絡ください。

スタッフ紹介で詳しく見てみる

ページトップへ